相続税と代償金の扱い

相続税

相続税について

相続税と代償金の扱い

相続税は法定相続人の一人がすべての相続を受ける場合、ほかの法定相続人に対して支払われる代償金も対象となっています。
ただし、その代償金は相続する財産からではなく、そのほかのところから支払わなければならないものとなっています。
ここで代償金としての支払いを金銭以外によって行うという場合には、また扱いが異なります。
すべての財産を相続した法定相続人が自分で持っている土地、不動産などをほかの相続人に授受したという場合については、代償金を支払う人に譲渡所得税が課税されることになります。
代償分割というものは結局、相続した人に相続税などの面で大きな負担がかかることになるのです。
あらかじめ、生命保険などの死亡保険によって資金を捻出することができるようにもしておく必要があります。

会社設立の際に必要な事柄とは

交通事故によるお悩みをお持ちの方に

借金相談
一人で抱え込まないで、ご相談下さい!無料相談承ります。

関連情報一覧

相続税の障害者控除

相続税に関しては、障害者控除というものがあります。
障害者の方は相続税に関連する法律において、

相続税の障害者に対する優遇措置

相続税に関して、障害者の方に対する優遇措置が設けられています。
障害者の方は大部分の場合で収入

相続税の相次相続控除

相続税が控除されるケースとして、『相次相続控除』というものがあります。
家族から相次いで亡くな